学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com



サイト内キーワード検索


学級づくりの深層



多賀一郎・堀 裕嗣/著

定価:本体2200円+税
A5判/162頁
発刊日 2015年11月20日
ISBN番号 ISBN978-4-654-01924-3

日本の教育現場をリードする小中の現職教師二人が、「いじめの予兆が、なぜ捉えられなかったのか」と問うマスコミの姿勢についてや、学級崩壊の多い5年生の11月の問題、スーパーティーチャーの限界等、「学級づくり」という視点で今日の教育現場の重要課題について縦横無尽に語る。好評『国語科授業づくりの深層」に続く、第2弾!

こんな方にオススメ
・学級づくりの真髄を先達から学びたい先生方。
・小学校教育と中学校教育の違いとつながりに興味のある先生方。
・失敗について悩んでいる先生方。

目 次
まえがき

第一章 対談 学級づくりの深層
  危機管理と学校
  子ども理解と教師の世界観
  校内研修会と教師の力量
  理想の教師像と教師のチーム力

第二章 次年度に崩れる子どもたち
 前の年に荒れの芽が育つ(多賀一郎)
  締め付けるとはどういうことか?
  学級ではなく、個を育てる /他
 学級担任制の危うさ(堀 裕嗣)
  学級担任制と教科担任制
  縦軸(時間軸)と横軸(空間軸)

第三章 同調圧力の構造
 「どの子も違うように」育てる視点を持つ(多賀一郎)
  いくつからの同調圧力なのか?
  教師からの同調圧力 /他
 二つの<空気>(堀 裕嗣)
  上位者の意図と全会一致ファシズム
  上下関係とフラット関係 /他

第四章 今どきの子ども理解
 世の中を映し出す今どきの子ども(多賀一郎)
  分離不安がなぜ今クローズアップされるのか
  SNSは存在してしまった /他
 了解不能の<他者>(堀 裕嗣)
  <子ども理解>論と結果論
  <こちら側>と<あちら側> /他

第五章 授業づくりと学級づくり
 授業づくりを学級づくりとリンクさせる(多賀一郎)
  授業のコミュニケーションとは何か
  授業と学級が一体化する /他
 地味で堅実な授業づくり(堀 裕嗣)
  アリバイづくりの授業
  最低限のコミュニケーション能力 /他

第六章 学年づくりと学級づくり
 「チーム」という考え方(多賀一郎)

  小学校での学年づくりの難しさ
  危機意識の共有 /他
 一体感と引き際(堀 裕嗣)
  誇りと責任
  子ども集団と教師集団 /他

第七章 語られない失敗事例―教師の力量形成のために
 やはり語れない失敗はある(多賀一郎)

  失敗は語られないものだ
  失敗を語れない時期がある /他
 若い教師に贈る四つの言葉(堀 裕嗣)
  成功しようとする人と実験しようとする人と
  教師らしい自分と自分らしい教師と /他

あとがき


著者紹介
多賀一郎・堀 裕嗣

●多賀一郎
1955年兵庫県生まれ。追手門学院小学校講師。神戸大学附属小学校を経て私学に永年在籍。元日本私立小学校連合会国語部全国委員長。親塾での保護者教育、若手のためのセミナー他、公立私立の小学校で指導助言をしている。

●堀 裕嗣
1966年北海道生まれ。1991年札幌市中学校教員として採用。1991年「実践研究水輪」入会。1992年「研究集団ことのは」設立。現在、「研究集団ことのは」代表、「教師力BRUSH-UPセミナー」顧問、「実践研究水輪」研究担当を務める傍ら、日本文学協会、全国大学国語教育学会、日本言語技術教育学会にも所属。
その他の関連書籍(黎明書房刊)
国語科授業づくりの深層』多賀一郎・堀 裕嗣著
言葉と俳句の力で心が育つ学級づくり』多賀一郎・山本純人・長瀬拓也著
一流教師が読み解く 教師力アップ! 堀裕嗣・渾身のツイート30』堀 裕嗣・多賀一郎・中村健一・長瀬拓也著
今どきの1年生まるごと引き受けます』多賀一郎著
反語的教師論』堀 裕嗣著
教室からの声を聞け』多賀一郎・石川 晋著
一冊の本が学級を変える』多賀一郎著
今どきの子どもはこう受け止めるんやで!』多賀一郎著
全員を聞く子どもにする教室の作り方』多賀一郎著
子どもの心をゆさぶる多賀一郎の国語の授業の作り方』多賀一郎著
教室で家庭でめっちゃ楽しく学べる国語のネタ63』多賀一郎・中村健一著

TOPページ 注文 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集